アーカイブ

ブログ最新記事

ブログ検索

キーワード

ブログ

rss

 <試合レポート>2022年度関東大学リーグ戦1部2部入れ替え戦vs拓殖大学戦の試合結果を更新しました。[ブログ]

投稿日時:2022/12/13(火) 21:04

12月11日に行われました、2022年度関東大学リーグ戦1部2部入れ替え戦vs拓殖大学戦の試合結果をお知らせします。

試合結果★
前半10-7
後半7-19
合計17-26
試合メンバーはこちら
 
12月11日、埼玉県熊谷ラグビー場で関東大学リーグ戦1部2部入れ替え戦が行われた。
 相手は3年前関東が1部に返り咲いた際の宿敵、拓殖大学だ。負ければ2部に降格になる大事な一戦だ。試合前は会場全体が緊張した雰囲気に包まれていた。
 会場には選手の保護者やOB、野球部やファンの皆様など、たくさんの方々が応援に駆けつけてくれた。 
 選手入場し伝統のある効果を歌った後、たくさんの人が見つめる中、午後2時、関東ボールのキックオフで試合が開始した。
 開始早々、相手にペナルティを奪われ自陣深くまで攻め込まれるが、4年松澤響、4年山田航平、3年宮上凛を筆頭に、外国人相手にも低いタックルで粘り強いDFを見せる。自陣ゴール前では1年TLラリーや2年由比藤聖のジャッカルでピンチを凌ぐ。
 得点が動いたのは前半11分、自陣深くでラインアウトを組まれた関東は、そこからモールを組まれ認定トライを奪われる。0-7 同時に前線で体を張っていたスクラムの要、3年兒玉隆之介がシンビンをもらい10分間の退場となり14人で戦うことを強いられる。
 しかし前半16分、敵陣22メートル付近でペナルティを得た関東は、3年立川大輝が確実にPKを決め、3-7に点差を縮める。
 その後、兒玉も戻り勢いづいた関東は粘り強いDFで何度も相手の攻撃を防ぐと、今度は前半38分、敵陣10メートル付近でできたラインアウトからボールを回し、1年安藤悠樹が相手DFラインを突破しそのままトライ、10-7と逆転し、前半が終了。
 後半は、拓殖大学のキックオフで試合再開。
 すると後半2分、ハーフライン付近で3年立川大輝のキックを選択。4年丸山央人が足で拾い、ドリブルでゴールへ運び、押さえてトライ。17-7と拓殖を突き放す。
 前半、幾度となく拓殖の攻撃を粘り強く止めていた関東だったが、後半12分ついにFWの連続攻撃でトライを許してしまう。17-14
 さらに後半28分、またもFWの連続攻撃でトライを許す。17-19
 逆転したい関東は、選手を4人入れ替えたが、後半38分、ゴール前でラインアウトモールを組まれ、そのままトライ。17-26
 そして後半83分、ボールを外に蹴り出され試合終了。17-26で関東は敗北し、2部に降格が決定した。
 今年度のリーグ戦での反省である後半の勢い、という課題を最後まで修正することができなかった。

これにて2022年度シーズンの試合はすべて終了となります。今シーズンの結果はリーグ戦0勝7敗。入れ替え戦敗退2部降格という結果になりました。一年間応援ありがとうございました。

 来シーズンはこの悔しさを忘れずに、1部に戻るためにチーム一丸となって精進するので、2023年も応援よろしくお願いします。


前半38分安藤悠樹トライシーン


矢野裕次郎の力強いボールキャリー

(試合の様子を公式インスタグラムにて投稿しています。また、今シーズンのスタッツとしての試合出場時間や得点ランキングなども掲載しているので是非ご覧下さい)
 


レポート担当:難波隼士(2年)

スタッツ:松原理人(3年)
近藤雅久人(2年)
紫藤翔平(2年)
田中流星(2年)


 

 <試合レポート>第44回関東大学ジュニア選手権カテゴリー3・4入れ替え戦 山梨学院大学戦の試合レポートを更新しました[ブログ]

投稿日時:2022/12/05(月) 21:08

12月3日、関東大学ジュニア選手権入替戦が関東学院大学祇園アスリートパークで行われた。
相手は、山梨学院大学だ。14:00、関東のキックオフで試合が開始した。
 
★試合結果★
前半17−0
後半34−14
合計51−14
当日のメンバーはこちら。

前半はキックを使った攻防が続く
しかし前半8分、試合が動く。ラインアウトから、山田航平がFWを当てた後にBKへ展開。外で諸山祐祥が相手を抜き去りトライ。先制点を奪う。7-0
その後、DFの時間が長い関東だったが、前半24分ハーフラインから山田航平がハイパントをあげ、相手がそれをこぼすとそこにチェイスに走っていた2年諸山祐祥がトライ。12-0
さらに27分、金子駿太清水宏晟などにゲインで前進すると、最後は石井隆也がトライ。17-0
その後、金子駿太や安藤悠樹のゲインを軸に攻め込むが、トライを取りきれない。
ここで前半終了。相手に得点を許さず前半を終える。


後半は山梨学院のキックオフで試合再開。
後半2分、開始早々、ラインアウトからの攻撃。BK,FWと攻撃を経て、茎沢光隆が相手DFを切り裂くと、最後は金子駿太が今日1本目のトライ。24-0
しかし、後半5分、ペナルティを奪われるとキックで自陣深くまで前進されそこからラインアウトモールを組まれる。そこからゴール前まで前進されると相手に隙をつかれ、ゴール中央にトライを許す。24-7
さらに後半10分、ゴール前まで攻め込んだ関東だったが、ターンオーバーを許し、カウンターされ、トライを許す。24-14
後半13分、相手キックを諸山祐祥がキャッチし、相手を抜きゴール前まで約50メートルのビックゲイン。その後津曲祐太郎が走り込み相手を吹き飛ばしトライ。29-14
さらに後半18分ハーフライン付近でのラインアウトを岡本心が奪い、そこから外に展開し、金子駿太が本日2つ目のトライ!34-14
さらに 後半20分、2年諸山のキックカウンターからボールをつなぎ最後は1年安藤祐樹がトライ。41-14
ここから一進一退の攻防が続く。
後半33分、敵陣22メートル付近でペナルティを得た関東は、阿部凌太がコンバージョンキックを決める。44-14
後半40分、ペナルティで敵陣ゴール前まで攻めた関東は、ラインアウトモールから近藤雅久人が絶妙なタイミングを見計らいグラウンディングしトライを取り試合を決定付けた。そして、2年阿部凌太のゴールも決まり、51-17
ここで試合終了のホイッスルがなった。

この試合をもちまして、関東学院大学はカテゴリー3に残留となりました。コロナ禍で有観客でなかった、今年度のジュニア選手権でしたがたくさんの熱い応援ありがとうございました。 
来週の12月11日に熊谷ラグビー場にてリーグ戦の入れ替え戦、拓殖大学戦があります。有観客ですので、是非会場に足を運んでいただき関東の勝利を見届けて頂けたらと思います。
今シーズン最後の試合。皆様の熱い応援よろしくお願い致します!

2年 竹下優作
 
2年 諸山祐祥
 
3年 石井隆也
 
担当:難波隼人
    近藤雅久人
インタビュー:松原理人
       紫藤翔平

 <試合レポート>関東大学リーグ戦vs大東文化大学との試合結果を更新しました。[ブログ]

投稿日時:2022/12/01(木) 22:50

11月27日に行われました、関東大学リーグ戦、大東文化大学との試合結果をお知らせします。
 
★試合結果★
前半20-17
後半0-36
合計20-53
試合メンバーはこちら

 
11月27日に最終節、大東文化大学との試合が聖地、秩父宮ラグビー場で行われた。
秩父宮での試合に燃える選手たち。気合の入った眼差しでグラウンドに入る。グラウンドでは関東の校歌が流れ、今までの長い関東の歴史を脳裏に浮かばしてくれ、背中を後押ししてくれた。

沢山の人が見つめる中、大東のキックオフで試合が開始した。

 前半6分、相手アタックを必死に止める関東であったが、相手に隙間を攻め込まれ、トライを許す。5-3
さらに前半9分、相手にボールを繋がれトライを許す。
 前半12分、自陣22メートル付近から3年立川大輝キックを蹴ると、ボールを追っていた4年丸山央人がバウンドしたボールをキャッチし、ゴール中央にトライ!10-10と同点に追いつく。
しかし、前半14分相手の裏へにキックをうまくとれず、相手に奪われそのままトライ。17-10
 その後、自陣でラインアウトを得た関東は、そこからバックスの展開でビッグゲイン。ゴール直前まで攻め込み、ペナルティを得た関東は、そこからペナルティゴールを選択。3年立川大輝が確実に決め、13-17と点差を縮める。
 さらに、前半37分敵陣22メートルでマイボールラインアウトを得た関東は、そこからラインアウトモールでゴール前まで前進する。モールは崩れたが、そこからFWの連続攻撃で、最後は1年TLラリーがトライ。20-17
 その後前半が終了。4年松澤響、2年茎沢光隆などの体を張った好タックルで救われた。
 今シーズン初のリードでの折り返しとなる。

 後半は関東のキックオフで試合再開。
 後半7分、相手の連続攻撃をなんとか止めていたがじわじわと攻められ最後はトライを許す。
さらに後半17分相手の力強い攻撃でトライを許す。20-29
 後半29分、相手DFを食い止めた関東だったが、キックをチャージされそのままトライを許してしまう。20-36
 後半39分相手の連続攻撃でトライを許す。
 さらに後半44分、ボールを繋がれトライを許す。
 ここで試合終了のホイッスルがなった。20-53
前半のリードを活かせず、勝つことができなかった。

前半の気迫を後半でも維持できなかったのが敗因となった。
今回試合で攻守に貢献した4年松澤響は、「後半になると崩れる癖がまた出てしまった。泣いても笑ってもあと一試合なので頑張る」と語る。
(選手インタビューは、インスタグラムにて閲覧できます。)

 次の試合は入れ替え戦となります。今シーズン最後の試合です。応援よろしくお願いします。
記事担当:難波隼士
インタビュー:近藤雅久人
紫藤翔平

 

 <試合レポート>関東大学リーグ戦vs日本大学との試合結果を更新します。[ブログ]

投稿日時:2022/11/16(水) 20:26

11月13日(日)に行われました、2022年度関東大学リーグ戦、日本大学との試合結果をお知らせします。
 
★試合結果★
前半7-12
後半7-26
〈合計14-38〉
試合メンバーはこちら

 
 11月13日、長野Uスタジアムで行われた。ドーム型の会場のせいか風はあまり感じられないが、天気は曇りで薄暗く、試合前には少し雨が降ってきた。
まだ今シーズン一度も勝利のない関東は、この試合に全てを賭けている。

関東のキックオフで試合が開始した。
前半序盤は一進一退の攻防が繰り広げられる。日大の力強いアタックを懸命に止める関東。
そして前半7分、相手からペナルティを受けた関東は、敵陣ゴール前までエリアを拡大。そこからラインアウトモールを形成し、そのまま1年TLラリーがトライ。さらに三年立川大輝が難しい角度からのキックを決め、7-0とリードを奪う。
しかし、前半13分、相手にゴール前でラインアウトモールを組まれる。一度は止めたものの、そこでペナルティを奪われ、再度ラインアウトモールを形成される。そのまま押し込まれトライを奪われる。7-7と同点になる。
その後関東のキックオフで試合が再開。再開後すぐに関東はペナルティを得てゴール前までキックでエリアを拡大。その後ラインアウトモールを形成したが、ノックオンをしてしまい、トライを取ることができない。
その後一進一退の攻防が続く中、ゴール前まで攻められた関東であったが、2年茎沢光隆のナイスタックルから、2年由比藤聖のジャッカルによりペナルティを奪いピンチを切り抜ける。
その後関東に必死のDFで得点を与えない関東だが、またもゴール前でラインアウトモールを組まれる。しかしモールを破壊。そしてまたもや2年由比藤聖のジャッカルで救われる。
だが前半37分、相手の継続的なアタックを何度も止めた関東だったが、少しずつゲインされトライを奪われる。7-12
そして前半が終了。7-12とリードを奪われている関東だが、雰囲気はとても盛り上がっている。

前半はペナルティがとても多かった関東は後半までに修正して挑みたい。
後半は日大のキックオフで再開した。
後半4分、2連続でペナルティを奪われた関東は、ゴール前でラインアウトを行われてフェイズを重ねられトライを奪われる。7-17
さらに後半12分、またもやゴール前でラインアウトモールを組まれた関東は、トライを許す。7-24
さらに後半23分、ゴール前のミスを相手に拾われてトライ。7-31
後半31分、相手のテンポの早く、パス回しの早い攻撃に対応できなかった関東は、トライを奪われる。7-38
後半36分、相手ゴール前でペナルティを得た関東はスクラムを選択、そこからFWの連続攻撃を経て2年花田龍紀がトライ。14-38
ここから反撃の狼煙を上げたかった関東だったが、試合終了。勝つことができなかった。

試合後、今回の試合で素晴らしいタックルで関東の危機を何度も救った2年茎沢光隆は、「前半の流れを後半にもっていくことができなかった。次の試合が最後なので最後修正して挑む」と話す。

今回も長野県と遠方まで応援ありがとうございました。最終戦の大東文化大学戦も応援よろしくお願いします。
 
茎沢光隆(2年/仙台育英)
 
土方直哉(4年/仙台育英)
 
担当者:難波隼士(2年)

 <試合レポート>関東大学リーグ戦vs東海大学との試合結果を更新しました。[ブログ]

投稿日時:2022/11/02(水) 11:51

10月31日に行われました、関東大学リーグ戦、東海大学との試合結果をお知らせします。
★試合結果★
前半0-24
後半7-50
合計7-74
試合メンバーはこちら
 
10月31日、昨年大敗した東海大学との試合は、群馬県のアースケア敷島ラグビー場で行われた。
まだ勝利がない関東は、何とか勝利したい。
 前半は関東のキックオフで試合が開始した。
前半開始早々、東海の強い攻撃に負けない粘りず良いDFで相手にゲインを許さない。
しかし、前半4分、自陣でラインアウトを取られると、相手BKに数的優位をつくられ大外でトライを奪われる。5-0
さらに前半8分、自陣でペナルティをとられ、ラインアウトモールを形成される。そのまま押し込まれ追加のトライを許す。10-0
 その後、ATでは継続してボールを回し、敵陣でプレーをし続け、DFでは3年宮上凛や2年花田龍紀の粘り強いDFで奮闘するも、トライを取り切ることができない。
 前半30分、自陣ラインアウトから東海の留学生の力強いアタックをとめれずそのままトライを許す。17-0
さらに前半36分、さらに追加のトライをとられ24-0で前半を終える。

何とか追加点が欲しい関東は、前半はスクラムでペナルティを数本取られたので修正して後半に挑みたい。

 後半は東海のキックオフで試合が開始した。
後半2分相手のバックスの個人技によりトライを許した。0-31
しかしその後敵陣深くまで攻め込み、スクラムを得た関東は、そこから連続攻撃を続け、最後はDFのギャップをつき2年服部莞太が持ち込み待望のトライ。7-31と点差を縮める。
ここから波に乗りたい関東であったが、そうはいかなかった。
その後連続でトライを許す。その後なかなかエリアをとることができず、自陣でのプレーが多くなる。
ディフェンスで粘るも相手の留学生のビックゲインから繋がれトライ。
自陣でアタックしていた関東だがブレイクダウンの圧に負けてしまいターンオーバーそのまま外に回されトライを取られた。
さらに試合終了間際、相手のテンポのいいアタックにより立て続けに3本トライを取られて、74-7で試合終了。
前半のDFの流れを公判でも続けることができなかった。

試合後、2か月ぶりに試合に出場した4年濱本敦希は「後半のラスト10分のところで、もう一度気合を入れなおしてDFをするべきであった」と話す。

今回リーグ戦初選出の2年岡崎翼は、「出場時間は少なかったものの、とてもいい経験はできた。次出るときはDFをもっと磨き、チームの流れを変えることができるように励む」と話す。

本試合も応援ありがとうございました。リーグ戦残り二試合も応援よろしくお願いします。


2年竹下優作

1年髙田凱斗

2年服部莞太
担当者:近藤雅久人(2年)
紫藤翔平(2年)
難波隼士(2年)