アーカイブ

ブログ 2022/11

rss

 <試合レポート>関東大学リーグ戦vs日本大学との試合結果を更新します。[ブログ]

投稿日時:2022/11/16(水) 20:26

11月13日(日)に行われました、2022年度関東大学リーグ戦、日本大学との試合結果をお知らせします。
 
★試合結果★
前半7-12
後半7-26
〈合計14-38〉
試合メンバーはこちら

 
 11月13日、長野Uスタジアムで行われた。ドーム型の会場のせいか風はあまり感じられないが、天気は曇りで薄暗く、試合前には少し雨が降ってきた。
まだ今シーズン一度も勝利のない関東は、この試合に全てを賭けている。

関東のキックオフで試合が開始した。
前半序盤は一進一退の攻防が繰り広げられる。日大の力強いアタックを懸命に止める関東。
そして前半7分、相手からペナルティを受けた関東は、敵陣ゴール前までエリアを拡大。そこからラインアウトモールを形成し、そのまま1年TLラリーがトライ。さらに三年立川大輝が難しい角度からのキックを決め、7-0とリードを奪う。
しかし、前半13分、相手にゴール前でラインアウトモールを組まれる。一度は止めたものの、そこでペナルティを奪われ、再度ラインアウトモールを形成される。そのまま押し込まれトライを奪われる。7-7と同点になる。
その後関東のキックオフで試合が再開。再開後すぐに関東はペナルティを得てゴール前までキックでエリアを拡大。その後ラインアウトモールを形成したが、ノックオンをしてしまい、トライを取ることができない。
その後一進一退の攻防が続く中、ゴール前まで攻められた関東であったが、2年茎沢光隆のナイスタックルから、2年由比藤聖のジャッカルによりペナルティを奪いピンチを切り抜ける。
その後関東に必死のDFで得点を与えない関東だが、またもゴール前でラインアウトモールを組まれる。しかしモールを破壊。そしてまたもや2年由比藤聖のジャッカルで救われる。
だが前半37分、相手の継続的なアタックを何度も止めた関東だったが、少しずつゲインされトライを奪われる。7-12
そして前半が終了。7-12とリードを奪われている関東だが、雰囲気はとても盛り上がっている。

前半はペナルティがとても多かった関東は後半までに修正して挑みたい。
後半は日大のキックオフで再開した。
後半4分、2連続でペナルティを奪われた関東は、ゴール前でラインアウトを行われてフェイズを重ねられトライを奪われる。7-17
さらに後半12分、またもやゴール前でラインアウトモールを組まれた関東は、トライを許す。7-24
さらに後半23分、ゴール前のミスを相手に拾われてトライ。7-31
後半31分、相手のテンポの早く、パス回しの早い攻撃に対応できなかった関東は、トライを奪われる。7-38
後半36分、相手ゴール前でペナルティを得た関東はスクラムを選択、そこからFWの連続攻撃を経て2年花田龍紀がトライ。14-38
ここから反撃の狼煙を上げたかった関東だったが、試合終了。勝つことができなかった。

試合後、今回の試合で素晴らしいタックルで関東の危機を何度も救った2年茎沢光隆は、「前半の流れを後半にもっていくことができなかった。次の試合が最後なので最後修正して挑む」と話す。

今回も長野県と遠方まで応援ありがとうございました。最終戦の大東文化大学戦も応援よろしくお願いします。
 
茎沢光隆(2年/仙台育英)
 
土方直哉(4年/仙台育英)
 
担当者:難波隼士(2年)

 <試合レポート>関東大学リーグ戦vs東海大学との試合結果を更新しました。[ブログ]

投稿日時:2022/11/02(水) 11:51

10月31日に行われました、関東大学リーグ戦、東海大学との試合結果をお知らせします。
★試合結果★
前半0-24
後半7-50
合計7-74
試合メンバーはこちら
 
10月31日、昨年大敗した東海大学との試合は、群馬県のアースケア敷島ラグビー場で行われた。
まだ勝利がない関東は、何とか勝利したい。
 前半は関東のキックオフで試合が開始した。
前半開始早々、東海の強い攻撃に負けない粘りず良いDFで相手にゲインを許さない。
しかし、前半4分、自陣でラインアウトを取られると、相手BKに数的優位をつくられ大外でトライを奪われる。5-0
さらに前半8分、自陣でペナルティをとられ、ラインアウトモールを形成される。そのまま押し込まれ追加のトライを許す。10-0
 その後、ATでは継続してボールを回し、敵陣でプレーをし続け、DFでは3年宮上凛や2年花田龍紀の粘り強いDFで奮闘するも、トライを取り切ることができない。
 前半30分、自陣ラインアウトから東海の留学生の力強いアタックをとめれずそのままトライを許す。17-0
さらに前半36分、さらに追加のトライをとられ24-0で前半を終える。

何とか追加点が欲しい関東は、前半はスクラムでペナルティを数本取られたので修正して後半に挑みたい。

 後半は東海のキックオフで試合が開始した。
後半2分相手のバックスの個人技によりトライを許した。0-31
しかしその後敵陣深くまで攻め込み、スクラムを得た関東は、そこから連続攻撃を続け、最後はDFのギャップをつき2年服部莞太が持ち込み待望のトライ。7-31と点差を縮める。
ここから波に乗りたい関東であったが、そうはいかなかった。
その後連続でトライを許す。その後なかなかエリアをとることができず、自陣でのプレーが多くなる。
ディフェンスで粘るも相手の留学生のビックゲインから繋がれトライ。
自陣でアタックしていた関東だがブレイクダウンの圧に負けてしまいターンオーバーそのまま外に回されトライを取られた。
さらに試合終了間際、相手のテンポのいいアタックにより立て続けに3本トライを取られて、74-7で試合終了。
前半のDFの流れを公判でも続けることができなかった。

試合後、2か月ぶりに試合に出場した4年濱本敦希は「後半のラスト10分のところで、もう一度気合を入れなおしてDFをするべきであった」と話す。

今回リーグ戦初選出の2年岡崎翼は、「出場時間は少なかったものの、とてもいい経験はできた。次出るときはDFをもっと磨き、チームの流れを変えることができるように励む」と話す。

本試合も応援ありがとうございました。リーグ戦残り二試合も応援よろしくお願いします。


2年竹下優作

1年髙田凱斗

2年服部莞太
担当者:近藤雅久人(2年)
紫藤翔平(2年)
難波隼士(2年)