アーカイブ

ブログ 2019/10

rss

 関東大学ジュニア選手権第4節 vs大東文化大学Jr戦の試合メンバーをアップしました[ブログ]

投稿日時:2019/10/18(金) 16:30

明日10月19日(土)に関東学院大学金沢文庫ギオンアスリートパークにて行われます関東大学ジュニア選手権カテゴリー3第4節 vs大東文化大学Jr戦の試合メンバーをアップ致しましたので下記よりご確認ください。

試合メンバーはこちら↓
Jr戦試合メンバー
 

応援よろしくお願い致します。
 

 2019/10/13 関東大学リーグ戦2部第4節 vs立正大学戦[ブログ]

投稿日時:2019/10/15(火) 19:41

関東学院大学は朝鮮大学との初戦から全勝で同じく全勝の強豪立正大学との1戦に臨みました。
関東学院大学のホームで行われた今回の試合は、野球部の皆さんも応援に駆けつけてくださり、大きな歓声が飛び交う中立正大学のキックオフで試合が始まりました。

前半から流れに乗りたい関東学院は前半10分FW陣がモールで攻め込み密集からのピックアンドゴーで先制トライを挙げコンバージョンも成功し7-0と先制します。
しかしここから両チーム一歩も譲らない攻防を繰り広げます。
その中で少ないチャンスを立正大学がものにして、35分に4番が密集からねじ込みトライを挙げコンバージョンも成功させ前半を7-7で折返します。

後半は風下の関東学院、開始早々からキックを多用され、3分にゴール前の連続攻撃からトライを許し、コンバージョンも成功し7-14と点差を広げられます。
6分にもセットプレーからのサインプレーで14番がトライしコンバージョンも成功し7-21とされます。
21分には関東も連続攻撃から8番のトライで反撃ののろしを挙げ、ここで12-21とします。
38分にも関東学院はトライを挙げますが反撃はここまでで17-21でノーサイドとなり全勝対決は立正大学に軍配が上がりました。

今回の試合も、多くの応援誠にありがとうございました。
これからもこの結果と真剣に向き合い部員一同精進してまいりますので、応援よろしくお願いします。
                                          


★次回の試合予定★
関東大学ジュニア選手権第4節 vs大東文化大学Jr戦
秋季練習試合 vs大東文化大学C戦
日時 Jr戦 13時KO(予定) C戦 15時KO(予定)
場所 関東学院大学金沢文庫ギオンアスリートパーク
 
文:中崎光太(3年)

 関東大学リーグ戦2部第4節vs立正大学戦の開催について[ブログ]

投稿日時:2019/10/13(日) 08:02

本日関東学院大学金沢文庫ギオンアスリートパークにて行われます関東大学リーグ戦2部第4節立正大学戦は予定通り15時00分より行われる予定です。
なお、同グラウンドにて行われます第一試合朝鮮大学対山梨学院大学の試合は、安全面を考慮して延期となりました。

十分に注意して、グラウンドまでお越しください。

 関東大学リーグ戦2部第4節 vs立正大学戦のメンバーをアップしました[ブログ]

投稿日時:2019/10/11(金) 16:08

10月13日に関東学院大学金沢文庫ギオンアスリートパークにて行われます関東大学リーグ戦2部第4節立正大学戦のメンバーをアップしました。
下記よりご確認ください。
 
応援よろしくお願いいたします!

なお、天候により中止となりました場合には、当ホームページ及びツイッターにて情報を周知させていただきますので、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

 2019/10/06 関東大学ジュニア選手権第3節 vs中央大学Jr戦[ブログ]

投稿日時:2019/10/06(日) 18:01

                                           本日の試合結果
関東学院大学vs中央大学  26対50 ●

関東学院キックオフ。
開始1分ノックオンから自陣左スクラムからディフェンスのギャップをつかれトライを許す。先制点は中央大学。
中央大学の激しいプレッシャーによりなかなか前に進めず。前半十分相手ボールセンタースクラムからフォーワードで大きくゲインされ早い展開でバックスに出されディフェンスのギャップをつかれトライを許す。キックを使い敵陣に入るもペナルティが多く攻めきれない関東学院。
この後も2トライ連続取られる。相手ペナルティからラインアウトモールを作るも崩される。フォワードとバックスをうまく使い相手ディフェンスのギャップを狙うがここでノックオン。相手ボールに。自陣でのプレーが続く。お互い激しいせめぎ合いが続く。ここで動いたのが関東学院。前半30分ジャッカルでマイボールにし14番阿部がステップで抜き去りトライ。
残り五分もうワントライ取りたい関東学院。敵陣でフォワードのピックで攻め続ける時間帯が続きジリジリ前に進む。ここで相手ペナルティをゲット。ラストワンプレーラインアウトモールでは意地のトライ。
26対12で前半を折り返す。

中央大学のキックオフ。
後半開始早々関東学院はターンオーバーからのカウンターで一気に攻め込むがノックオン。その後も、何度も敵陣ゴール前まで攻め込むが、あと少しのところでミスが続き、チャンスを生かすことが出来なかった。
すると逆に中央大学に12分、16分と立て続けに縦の突破からトライを許し、コンバージョンも決められ、突き放されてしまう。
何とか自分たちのペースに持っていきたい関東学院は、19分相手のペナルティからラインアウトモールでゴールまで押し込みトライ。これで勢いに乗った関東学院は、24分にも相手ペナルティから、ラインアウトモールでトライを奪う。
この勢いを保ちたかった関東学院だったが、自分たちのペナルティから中央大学にPGを決められ、さらにラストワンプレーで痛恨のトライを許す。
50対26で試合終了。

応援ありがとうございました。次戦も応援よろしくお願いいたします。

 


★次回の試合予定★
関東大学リーグ戦2部 第4節 vs立正大学戦
日時 2019年10月13日 15時KO(予定)
場所 関東学院大学金沢文庫ギオンアスリートパーク

 


文:児玉悠生(3年) 福田歩(1年)