アーカイブ

ブログ検索

キーワード

関東大学リーグ戦1部・2部入替戦 [レポート]

投稿日時:2017/12/09(土) 22:00rss

◆本日の試合結果◆
関東大学リーグ戦1部・2部入替戦  VS専修大学  38-43●

今日は天候に恵まれた中試合が始まりました。
前半は専修大学のキックオフ。関東学院がキャッチ時にタッチに出てしまったため相手ボールラインアウトになります。そこから速いテンポでFWとBKを使いゲインをきってきます。しかし関東学院の低いタックルを活かしそうかんたんにはトライを譲りません。ここで粘った関東学院はノットリリースザボールをとります。また怒涛の攻めを続ける専修。しかしここで関東学院のDFのギャップをつかれゴールラインまで行かれるも10番のナイスタックルによりノックオンさせトライを阻止します。マイボールにした関東。先制トライが欲しい関東学院だが、ここは関東学院のノックオンで終わります。しかし自陣での相手ボールラインアウトで相手の動きを読みマイボールにします。
先制トライが欲しい関東学院だがうまく敵陣に攻めきれません。自陣でのプレーが多い苦しい時間が続きません。
前半20分関東学院のペナルティにより、専修大学はセンタースクラムを選択します。そこからハーフが持ち出しトライを許します。
関東学院ボールからのリスタート。ここで相手のノックオンによりマイボールにします。陣地を回復したい関東学院だがうまくキックがのびません。
前半25分専修大学の安定したラインアウトから大きくゲインをされ二度目のトライを許します。トライをとり流れに乗る専修大学。
その後すぐに相手ボールになりラックサイドを突かれ三度目の連続トライを許します。
マイボールキックオフから専修大学の自陣で専修がボールを回そうとするもノックオンしそれに素早く反応した関東学院がアドバンテージを得て相手ゴール前FWでこだわります。ここで相手ペナルティからマイボールスクラム。そこからまたもFWの早いテンポでのピックアンドゴーで果敢に攻めセンターラインでのトライをします。
ここで流れに乗りたい関東学院。しかし、専修大学も簡単にはいかしてくれません。また相手ボールからBKとFWをうまく使いテンポが上がる専修大学。BKに外に回されトライを許します。関東学院の強みである前に出て粘るタックルがなかなかうまくいきません。前半終了間際、専修大学の10番が関東学院のギャップを狙い内側にステップをきられトライを許します。ここで前半終了の笛が鳴ります。
前半は7対33での折り返しとなりました。

後半は関東学院のキックオフ。後半開始早々13番の鋭いラインブレイクから10番に繋ぎトライを奪い反撃を開始します。
その後FWのビッグゲインから立て続けにトライを奪います。
その後、専修大学が関東学院陣内に攻め込みますがDFからチャンスメイクをし10番の鋭いカウンターアタックから9番がトライを奪います。
しかし、その後のキックオフで一瞬の気の緩みからボールを関東学院陣内で失い、DFでペナルティをしてしまい専修大学はペナルティゴールを選択し、15番が成功させます。
関東学院は相手陣地内でプレーを続けて11番のターンオーバーから15番のビッグゲイン、しかし13番のノットリリースザボールで反撃を受け専修にトライを許します。
関東学院大学は15番のビッグゲインからトライを奪います。
試合も終盤に差し掛かりスクラムから8番の突進から逆サイドに振って8番がトライを奪うも反撃はここまでで38-43で試合は終了しました。


この結果から関東学院大学は2部への降格が決まりました。

今シーズンの応援ありがとうございました。来シーズンも応援よろしくお願いします。
1年 児玉悠希  中崎光太

Check Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加