アーカイブ

ブログ最新記事

ブログ検索

キーワード

2019/4/28 関東大学春季大会第1節 vs日本体育大学A戦 [レポート]

投稿日時:2019/04/29(月) 19:31rss

★試合結果★
前半 19-7
後半 19-27
合計 38-34




4月28日に関東大学春季大会の初戦である日本体育大学A戦が日本体育大学健志台グラウンドで行われました。

前半は日本体育大学のキックオフでスタートします。
試合序盤、関東学院大学は相手陣ゴール前まで攻め込みますが、日本体育大学の激しいディフェンスによりトライに結びつけることができず、逆に先制トライとコンバージョンを決められてしまいます。
しかし関東学院大学も前半15分にスクラムから8番鈴木(4年)がトライを奪い、12番芳崎(2年)によるコンバージョンも成功します。
更に前半23分にはモールを押し込んで6番尾崎(3年)が追加トライ、前半33分にはラインアウトから縦へのアタックを重ねて最後は再び8番鈴木(4年)がトライし、12番芳崎(2年)のコンバージョンの成功と連続して得点を重ねます。
前半は19-7と関東学院大学のリードで終わります。

後半は関東学院大学のキックオフでスタートします。
関東学院大学は後半に修正してきた日本体育大学に最初のトライを奪われてしまいますが、その後の後半14分、スクラムを押し込んで8番鈴木(4年)がこの日個人3本目となるトライを奪います。12番芳崎(2年)もコンバージョンを確実に決めていきます。
このまま点差を離したい関東学院大学でしたが、徐々にペースを掴んだ日本体育大学の猛攻に3本のトライとコンバージョン1本を奪われ逆転を許してしまいます。
しかし関東学院大学も後半29分、15番土方(1年)が相手をかわしながらゲイン、最後は23番川崎(2年)へ繋いでトライ、12番芳崎(2年)のコンバージョンも成功し再び関東学院大学が逆転します。
この後、一進一退の攻防が続く中、一度は日本体育大学にトライを許しますが、関東学院大学も後半38分に10番三輪(2年)が相手陣ゴール前で右大外へとキックパスを使い、23番川崎(2年)がボールを再獲得してそのままトライ、コンバージョンは外れるも、関東学院大学のリードのまま、最後は10番三輪(2年)がタッチに出してノーサイド。
38-34で関東学院大学の勝利となりました。

本日は応援ありがとうございました。次回も応援よろしくお願いいたします。


★次回の試合予定★
春季大会 立教大学A戦
春季練習試合 立教大学B戦
日時 5月5日 A戦13時KO(予定) B戦14時45分KO(予定)
場所 保土ヶ谷公園グラウンド
 


文:八幡弘毅(2年)

Check Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加