地域貢献

rss

 <試合レポート>春季練習試合VS青山学院大学Bの試合結果を更新しました[レポート]

投稿日時:2023/04/25(火) 23:04



4月23日(日)に行われました。青山学院大学B戦の試合結果をお知らせします。
※B戦は40分1本のみ。

                    ★試合結果★
                     43対7
                 

 4月23日、青山学院大学緑ヶ丘グランドで行われた。天気も良く試合日和の中、青山学院大学キックオフで試合が開始した。
 前半2分、敵陣22mの青学ボールのラインアウトで関東がラインアウトを競り勝ちマイボールにする。その後フェーズを重ね、 8番田中流星がラインブレイクし、ゴール前で捕まるも華麗なオフロードパスにより、 10番藤生奨太郎がトライ。自らコンバージョンキックを決め7対0となる。
 キックオフからのボールを蹴り返し、相手がカウンターをしてくるも、敵陣10mでペナルティを獲得する。そこから、ゴール前10mからラインアウトモールを組み 5番水野泰治の巧みなモールコントロールによりモールを前進させる。最後は2番近藤雅久人がおさえトライ。
その後 前半9分、またもゴール前でラインアウトモールを組み立て続けにトライをとる。キックも決まり、19対0となる。
途中、自陣深くに攻め込まれ苦しい時間が続いたが、長いディフェンスの時間を我慢し相手のミスを誘い、相手のトライを防ぐ。
 前半28分、敵陣22m付近の関東ボールのラインアウトから 20番丸尾瞬がアングルを付けラインブレイク。そのまま走り切りゴール中央にトライ。その後のキックも決まり31対0となる。
 前半38分、敵陣ゴール前の青学ボールのスクラムを関東がターンオーバーし、そのままスクラムで押し切り最後は途中出場の石井隆也がゴール中央にトライ。キックも決まり38対0になる。
 前半40分、自陣22m付近でペナルティを取られてしまい、相手はクイックスタート。そのままトライを取られ、38対7となる。
 しかし、直後に関東は敵陣深くまで攻め込み 20番丸尾瞬が力強いボールキャリーをし、相手を引きずりながらもトライ。43-7で関東の勝利となる。
今シーズン初の試合で、A戦は勝利をあげられなかったがB戦では、輝くプレーも多くあり、今後の関東に勢いをつけるようなゲームになった。
応援ありがとうこございました。春シーズンも始まったばかりですので、今後とも応援よろしくお願いします。

 

                   後藤天真(2年/日川高校)
 

                   五嶋晴生(1年/九州学院)

                                       担当者:紫藤翔平(3年) 
                                          田中流星(3年)
 

 <試合レポート>関東大学ラグビー春季交流大会vs青山学院大学Aとの試合結果を更新しました。[レポート]

投稿日時:2023/04/25(火) 22:43

4月23日に行われました、関東大学ラグビー春季交流大会、青山学院大学Aとの試合をお知らせします。
 
★試合結果★
前半10-24
後半14-17
合計24-41
試合メンバーはこちら
 
4月23日に、新チーム初めての試合が青山学院大学、緑が丘グラウンドで行われた。この日は春とは思えないくらい太陽が照り付け、とても暖かいラグビー日和だった。
 12時に青山学院大学のキックオフで試合が開始した。
 開始早々敵陣でプレーすると、連続攻撃を経てゴール前まで前進。前半4分、スペースを見つけた3年諸山 祐祥が左端にトライ。5-0幸先の良いスタートをきる。
 その後、相手の素早い連続攻撃に対応できなかった関東は、前半11分相手にトライを許す。5-7
 前半15分、敵陣22メートル付近でスクラムを組んだ関東は、そこからボールを繋ぎ、最後は3年沢田石智志がトライ。10-7とリードする。
 その後幾度となく相手の猛攻を止めていた関東だったが、前半24分、ラインアウトモールからトライを奪われる。10-14
 さらに前半29分相手ラインアウトから展開され相手の鋭い角度の攻撃に対応できずトライを許す。10-21
 途中、3年小川洋生が素早いステップで相手DFを抜き去ったが、最後までボールがつながらず得点することができなかった。
 果敢に攻め続けた関東だったが、前半42分、ペナルティを奪われた関東は、ペナルティキックで得点を奪われる。10-24 ここで前半が終了した。 後半はDFの場面でもっと果敢にタックルに行きたい関東は後半に期待を寄せる。
 後半が開始した。
 後半5分、関東のキック処理がうまくいかず、自陣深くまで攻め込まれた関東は、そのまま相手に連続攻撃を許し、最後は右端にトライを許す。 10-31
 その後、4年、村田建登や3年山村拓のゲインで勢い付けるが、得点できず。
 そして、後半12分、自陣深くでラインアウトを組まれた関東は、相手ラインアウトでトライを許す。10-36
 しかし、関東の反撃が始まる。3年金子駿太が自陣からビックゲインを重ねる。それに勢いずいた関東は、相手のラインアウトを奪い、そこからボールを繋ぎ最後は3年由比藤聖がトライ。17-36
 後半33分、相手ラインアウトモールからパスをつながれトライを許す。17-41
​​​​​​ 後半37分、ボールを繋ぎ攻め続けた関東は3年金子駿太が、相手を抜き去りトライ。24-41 
 反撃もここまで、24-41で初戦を終えた。

次週の、日本体育大学戦に向けて修正していく課題がたくさん見つかった試合となった。
来週も応援よろしくお願いします。
担当:近藤雅久人(3年)
難波隼士(3年)