nm08.png
nw_waku01.png

地域貢献

rss

 【ラグビー選手学校訪問】日野小学校、本牧南小学校[地域貢献]

投稿日時:2017/11/12(日) 14:11

横浜市市民局、神奈川県ラグビー協会が主催する『ラグビー選手学校訪問』に日野小学校と本牧南小学校へ訪問してきました。

 2019年のラグビーワールドカップ日本開催に向けて、今回も今泉清氏(早稲田大学OB)の講演を聞き、小学生と楕円球に触れながら体験貴重な経験をしてきました。
 日野小学校はサントリーカップで優勝を目指すチームであり、今泉氏と大学生の混合チームで試合を行いましたが、小学生のスピードについていけず大学生も足を取られ大差で大人チームが負けてしまいました。また、本牧南小学校は初めてラグビーボールに触れる小学生が多い中、今泉さんと大学生で実技指導を行い、タグラグビーを楽しんでもらいました。小学生と一緒に給食をいただきながら、普段見慣れないラグビー選手や大きな体の今泉さんを身近に見て、少しでもラグビーに興味を持ってもらえればと思います 。


■日野小学校
■講演 4年生以上(156名)
■実技指導 6年生対象(45名)

■本牧南小学校
■講演・実技指導 6生対象(45名)

 
 
 

 
安達 友哉(2年)
今回のタグラグビーに参加させてもらい感じたことは、ルールもわからない子どもたちでもボールを持てば一生懸命走り、楽しんでプレーをしていました。このような体験がラグビー人口を増やすキッカケとなると思うのでこれからも楽しくプレーをして、勝つことの嬉しさや、負けることの悔しさなどラグビーを通して様々なことを体験してもらいたいです。

松村哲多(1年)
今回タグラグビー教室に参加してみて、タグラグビーはラグビーとは違い男女や年齢に関係なく楽しめるスポーツだと小学生の楽しんでる姿を見て感じました。このタグラグビーをきっかけにラグビーに興味を持ってくれる人が増え、2019年に行われるワールドカップに良い方向に繋がればと思います。

佐藤伊吹(1年)
今回、タグラグビー教室に参加して、多くの小学生に夢の大切さとラグビーの楽しさを感じてもらうことができました。小学生はとても楽しそうに楕円球を追いかけ、トライを取り仲間と喜ぶ姿が見れました。
今回のタグラグビー教室でラグビーの楽しさを感じた小学生の中から将来ラグビー選手になると言う夢を持ってくれる子がいたらいいなと思いました。

 

 【ラグビー選手学校訪問】矢上小学校、瀬谷第二小学校[地域貢献]

投稿日時:2017/09/28(木) 15:49

横浜市市民局、神奈川県ラグビー協会が主催する『ラグビー選手学校訪問』に矢上小学校と瀬谷第二小学校へ訪問してきました。

今回、今泉清氏(早稲田大学OB)の講演を聞き、大学生にとっても貴重な経験ができました。
初めてラグビーボールに触れる小学生が多い中、今泉さんと大学生で実技指導を行い、タグラグビーを楽しんでもらいました。また、小学生と給食をいただき、大学生にも新たな一面がみられ楽しいタグラグビー教室を開催することができました。
普段見慣れないラグビー選手や大きな体の今泉さんを身近に見て、少しでもラグビーに興味を持ってもらえればと思います。

■矢上小学校
■講演 5年生・6年生対象(190名)
■実技指導 6年生対象(90名)

■瀬谷第二小学校
■講演 4年生以上(354名)
■実技指導 6年生対象(91名)
 
   

 

高橋 優太郎(2年)
今日、タグラグビー教室に参加した小学生は未経験者ばかりで、ちゃんと成り立つか心配でしたが、みんなに教えた事に対して、素直に一生懸命にプレーしてくれたので最終的に試合ができるまでになりました。
タグラグビーをした事がない子たちでも自分たちがちゃんと教えれば、すぐに出来るようになったのでとても嬉しかったです。
これからもラグビーを続けてくれたらいいなと思いました。

山本 将生(1年)
今日でタグラグビー教室で小学生に教えるのは2回目だったのだが、プレーする側ではなく教える側の難しさを改めて感じました。
ラグビーは特にルールが難しいため、楽しんでもらいながら、ルールもきちんと教えるにはどうすればいいのかとても考えるキッカケにもなりました。今回、新しい視点でラグビーを見ることが出来て本当に良かったのと、こういう機会を通して、もっとラグビーを沢山の人に知ってもらえたら嬉しいと思います。

緒方 惇之介(1年)
今日タグラグビー教室に参加してみて改めて思ったのがラグビーというスポーツがマイナーだということです。こういう機会にラグビーに興味を持ってくれる人が少しでも増えればいいなと思いました。

安達 友哉(2年)
今日はタグラグビー教室に参加して、未経験の小学生達にラグビーの楽しさを教える事ができました!最初は個々がバラバラでなかなかトライまで行くことが難しかった小学生が、最後はみんなで協力してトライを取ることができました!まだまだラグビー認知度が低く経験者も少ないスポーツですが、2019年のラグビーワールドカップまでに1人でも多くラグビーを見て、経験してもらえたら嬉しいです!
 

 2017/07/09 第7回関東学院カップ[地域貢献]

投稿日時:2017/07/09(日) 13:43

◆本日は関東学院大学金沢文庫ギオンアスリートパークにて第7回関東学院カップを行いました◆
天候は昨日と同様に晴天で立っているだけで汗が出るほどの快晴の中で行われました。

201707091704_1-240x0.jpg  201707091704_2-240x0.jpg

            201707091752_1-240x0.jpg    201707091704_4-240x0.jpg   
 前回と同様に多くのチームが参加してくださり、1年生から6年生までの3つのカテゴリーに分かれて1日中グラウンドを走り回っていました。学生たちは朝早くからグラウンドの設営などを行い、本日も焼きそばやフランクフルト、ラグビーTシャツの販売を行い、他にもアンダーアーマーが営業販売を行ったりしていました。本日も気温が高かったためプールを設置したり水分補給の呼びかけなどをして熱中症予防を施しました。
 そしてお昼休憩の間には昨日に引き続き「ファッツ」が行われ、内容が少し変わっていて昨日見た人でもまた楽しめるものとなっており、子供たちも真似して踊っている姿なども見られました。
試合がない時間帯には学生と子供たちが走り回ったりして交流を深めることができました。子供だけでなく親も楽しめる内容になっていたと思います。
201707091704_5-240x0.jpg  201707091704_6-240x0.jpg  

 ジュニアのカップ決勝では学生が花道を作って送り出すなどのシチュエーションもみかけられました。
この試合は七国が2大会ぶりの優勝かけて挑む試合となりました。
最後にジュニアのカップ優勝チーム七国スピリッツ キャプテンからコメントをいただきました。

七国スピリッツ キャプテン 一太君

最初の試合は気持ちが入らなかった。最後は少し気持ちが向いたから、1日で成長することができた。
気持ちが入っててみんなで声かけ、協力することができた。

以上で春シーズン全て終了いたしました。次は夏合宿を経て秋シーズンへと挑んでいきます。今年こそは大学選手権を目指しているので引き続き温かいご声援宜しくお願いします。
春シーズン応援ありがとうございました。

文:中山(3年) 中島(2年)

 2017/07/08 関東学院大学ラグビー祭[地域貢献]

投稿日時:2017/07/08(土) 16:37

◆本日は関東学院大学金沢文庫ギオンアスリートパークにてラグビー祭を行いました。◆

天候は、雲一つない晴天で常にグラウンドが賑やかな半日でした。

201707081703_1-240x0.jpg201707081703_2-240x0.jpg

201707081703_3-240x0.jpg201707081703_4-240x0.jpg        

開会式では、監督の挨拶や主将の挨拶、1年生45人の自己紹介を行いました。
開会式が終わったらメイングラウンドを使用して、タックルやコンバージョンといったラグビーの体験を子供たちと行い、普段触れ合えない子供たちと学生で楽しく行っていました。
 
 次に行われたのが1年生vs2年生の15分ハーフの試合が行われました。2年生は普段と違うポジションで試合を行い、新鮮な試合を見ることができました。スタンドでは両チームトライをとるとTRYコールを上級生で行い盛り上がっていました。
 
ビンゴ大会では、選手の名前が出るたび歓声が沸き、ビンゴになると景品がもらえました。

最後に毎年恒例の「ファッツ」がキレキレのダンスやネタを行い大歓声で占めました。

明日9日にはタグラグビー大会が行われます。今日のような天候では、熱中症の危険もあるので、帽子や水分などをお持ちください。お待ちしております。

本日はお暑い中ラグビー祭にお越しいただきありがとうございました。

 東日本大震災被災児童自立支援プロジェクト RICHIE MCCCAW CHARITY FOR ALL[地域貢献]

投稿日時:2017/05/28(日) 19:26

 本日は横浜カントリー&アスレティッククラブにおいてリッチー・マコウ氏に加え、日本を代表するラガーマンによる夢のラグビークリニックを小学1年生~高校1年生の男女約200名のラガーマンを対象に慶應大学、東海大学とサポートを行ってきました。ラグビークリニックでは、リッチー・マコウ氏が五分間隔で8グリットを周遊し子供たちと一緒にタッチフットを楽しみました。バックフリップなどのトリッキーなプレーも随所で見られ会場が大いに沸きました。
     201705281940_1-240x0.jpg     201705281940_2-240x0.jpg

 その後に行ったミニトークショーでは、私たち大学生も勉強になることがたくさんありました。「ラグビーが上手くなりたければ近道はない」「地道な基礎トレーニングが一番大切」「フィットする為に毎日の走り込み」あとなんといっても『ラグビーを楽しむことが大切だ』とラガーマンにアドバイスをくれました。
 子ども達、大学生にとっても有意義な一日を過ごせました。
文、三井(3年)
 201705281940_3-240x0.jpg  201705281940_4-240x0.jpg                   201705281940_5-240x0.jpg 201705281940_6-240x0.jpg 

nw_waku03.png