アーカイブ

ブログ最新記事

ブログ検索

キーワード

ブログ

<<前へ次へ>>

<試合レポート>春季練習試合vs國學院大學Aの試合結果を更新致しました

[レポート] 投稿日時:2022/06/13(月) 22:04

6月12日(日)に行われました、春季練習試合、國學院大学Aとの試合結果をお知らせ致します。
                   

                    ★試合結果★
                    前半42-7
                    後半17-17
                   〈合計59-24〉
                  試合メンバーはこちら

 

 先発の4年丸山央人は試合前「先週の法政戦の反省を生かして一週間練習してきたことを発揮する」と意気込む。

 関東学院のホームグラウンドでの試合。青空の下、國學院大学のキックオフで試合が開始された。
試合開始早々、関東は2つのペナルティーを得て、敵陣深くまでエリアを拡大。その後ラインアウトモールを形成しゴール目前まで前進。そこからバックスに展開し最後はSO立川大輝がゴール中央へトライ。そのままゴールキックも決め、7-0
 さらに前半8分、ラインアウトから素早く展開した関東はCTB林賢友がビッグゲイン。フォローに来ていたWTB丸山央人に華麗にボールを繋ぎトライ。14-0と相手を突き放す。
 その後自陣深くまで攻め込まれる関東であったが、練習してきただダブルタックルで相手にプレッシャーを与え、ペナルティーを獲得。ピンチを凌いだ。
 前半16分、相手ゴール前10m当たりでのペナルティを得た関東はスクラムを選択。法政戦の課題であったスクラムで押し切り、最後はNo8 L.T.ラリーがそのままボールを押さえてトライ。21‐0その後さらに1つのトライを挙げ、28-0と相手を突き放す。
 しかし前半31分、自陣でペナルティを許した関東はゴール目前まで攻め込まれると、相手FWの連続攻撃によりトライを許す。28-7
 前半34分、敵陣22m付近の相手ラインアウトでLO岡本心がプレッシャーをかけ、マイボールにする。その後ペナルティを獲得した関東はタッチキックでゴール目前までエリアを拡大し、最後はラインアウトモールでFL由比藤聖がトライし追加点を挙げる。35-7
 前半38分またもやペナルティキックで敵陣ゴール前までエリアを広げた関東。ラインアウトからのボールをしっかり取り最後はBKに展開。相手の隙をついたWTB丸山央人がトライ。さらにSO立川大輝がこの日6本のゴールキックを全て決め42-7と点差を広げ、前半終了。

 後半はメンバーを総入れ替えした関東は前半の流れをとぎらせなかった。
 後半は関東のキックオフで開始。
 開始早々HO松澤響がビッグゲイン。その後BKに展開した関東はCTB山嵜和が抜け出し最後はFB安藤悠樹がノーホイッスルトライ。
 さらに後半3分FB安藤悠樹が相手DFを交わしビッグゲイン。最後はサポートに来ていたSH難波隼士へのキックパスを経てトライ。52-7と相手を突き放す。
 ここで流れに乗りたい関東であったが、急な雷雨の影響により試合が中断された。再開時にはグラウンドは水たまりがたくさんでき、前半とは全く異なった環境での試合再開となった。
 試合は関東ボールのスクラムで再開。しかし最初のように上手くボールを回すことができずに苦戦する。
 後半8分國學院大学にペナルティを許した関東は相手のクイックアタックに反応できずトライを奪われる。52-12
 さらに後半10分、ゴール前まで攻められた関東は、相手ラインアウトモールで一気に押し込まれ追加点を許す。52-17
 その後一進一退の攻防が繰り広げられる。互いにゴール前まで攻めてはトライを取り切れないという状況が続いていたが、得点を動かしたのは関東だった。
 後半34分、ペナルティを得た関東はキックで敵陣ゴール前までエリアを広げると、FWの連続攻撃を経て最後はFL坂本奨がトライ。59-17
 しかし試合終了間際の後半39分相手の素早い攻撃に対応できなかった関東はペナルティトライを許してしまい、59-24で試合終了。
 
 前半の良い流れを後半最初は出せたものの、悪天候に変わった時に天候に合わせた戦術を使えなかったことが反省点として挙がる。
 来週の筑波大学戦に向けて残り1週間かけ、良い準備ができるよう励んでいく。

今回の試合も応援ありがとうございました。引き続きよろしくお願い致します。
                                        担当者:難波隼士(2年)
                                            紫藤翔平(2年)
 
 

 

 
 

 
 
 
 
 

〈試合レポート〉第11回関東大学春季交流大会 VS法政大学の試合結果を更新いたしました。

[レポート] 投稿日時:2022/06/06(月) 23:23

6月5日に行われました。第11回関東大学春季交流大会vs法政大学との試合結果をお知らせします。
 
★試合結果★
前半0-31
後半12-31
〈合計12-62〉

試合メンバーはこちら

今回初選抜の1年安藤悠樹は試合前に「やってやります」と笑みを浮かべる。

 法政大学をホームに迎えた試合は、日は照っていないものの暑苦しい中行われた。
試合早々法政が、関東学院陣内にボールを運び流れを掴みかけるが、阿部凌太(2年/黒沢尻工業)の鋭いタックルにより関東は救われた。その後、法政陣内のゴール前で法政のペナルティが続き、関東がゴール前でフェイズを重ねるも、トライを取りきれない。
 試合が動いたのは前半8分だった。法政のBKが展開し上手くボールを繋いでそのままトライ。前半17分にも法政にターンオーバーされ危機に遭うが、諸山祐祥(2年/海星)のタックルで、チームの士気が高まった。前半22分またもや敵陣ゴール前でフェイズを重ねるも、ノットリリースを取られてチャンスを掴みきれない。28分、30分、37分と法政にトライを献上してしまい、関東は反撃する為に闘志を募らせた。
 後半の先手を取ったのは関東だった。後半5分 スクラムからフェイズを重ね、CTB茎沢光隆(2年/仙台育英)がオフロードパスを繋ぎ、FB安藤悠樹(1年/日向工業)がトライ。その後も、法政が50:22を狙うキックをFB安藤悠樹がうまく内に残し、ハーフウェイまでキックで脱出と、初出場ながら宣言通りの堂々としたプレーを魅せた。後半26分 敵陣22m付近の相手ラインアウトのボールをHO最首郁也(4年/東京)がセービングし、ボールを獲得。後半はこのようなプレーが増えて関東の時間が増えた。しかし、後半30分、33分、35分、37分と立て続けにトライを奪われて点差を広げられてしまう。。一矢報いたい関東は、後半40分 ラインアウトモールからLO岡本心(3年/佐賀工業)の巧みなモールコントロールにより勢いがつき、FL由比藤聖(2年/東海大静岡翔洋)によりトライ。ようやく法政の流れを切ることが出来たが、ここでノーサイド。関東の反撃も虚しく試合は終了してしまった。
最終スコアは12-62で関東学院は敗北を喫した。

 試合終了後、主将の米井翔啓(4年/松山聖陵)はこう語った。
「FWで取り切れるとこを取り切れなかったのと、敵陣に入って自分達のミスでトライを取り切れなったのが繋がってこういう結果になったんじゃないかと思っています。」
 そして次戦の筑波大学戦に向けては、
「FWは修正出来るところを修正して、BKと連携をとりながらいい勝負できるように頑張っていきたいと思っています。」

 次戦の筑波大学戦は、6月19日にセナリオハウスフィールド三郷で行われる。関東は、今回の試合で課題として挙げられた「トライをとりきる」をこの2週間で克服して、筑波大学戦に臨みたい。

今回の試合も熱い応援ありがとうございました。次戦もよろしくお願い致します。

担当者:松原理人(3年)
          近藤雅久人(2年)

〈試合レポート〉春季練習試合vs法政大学Bの試合結果を更新いたしました

[レポート] 投稿日時:2022/06/06(月) 22:20

6月6日に行われました、春季練習試合、法政大学Bとの練習試合の結果をお知らせいたします。
 
★試合結果★
1試合目5- 42
2試合目42- 12
3試合目14-7

1・2試合目のメンバーはこちら
3試合目のメンバーはこちら



 1試合目は法政大学のキックオフで開始。前半波に乗ったのは法政。FWの力強いもーるで敵を圧倒。その後BKの相手を切り裂くような攻撃を経てトライを奪われる。
その後関東も果敢に攻め込み相手ペナルティを誘うと、ペナルティーキックでタッチに出し、大きくゲイン。その後ラインアウトをしっかり取り、FWの連続攻撃を経て最後はBKに展開。SO蠣崎琳二(1年/仙台育英)が相手の隙間をすり抜けトライ。しかし、コンバージョンは失敗に終わる。
その後関東も果敢に攻め込むが相手の力強いDFに圧倒され、ペナルティを取られてしまう。法政のラインアウトから再開。法政の協力FWにDFの壁を破られそのままトライ。追加点を許してしまう。
 反撃をしたい関東。DFで体を張り相手のミスを誘発。しかし、相手の強力FW陣のスクラムに圧倒されマイボールをキープできない。FWで圧倒された関東はそのままBKでも突破を許し法政のトライ。追加点を許してしまう。
その後セットプレーからFW,BK共に圧倒された関東は合計42点を許し、5-42という点差で1試合目を終えた。
 

 2試合目は関東学院大学のキックオフで開始。2試合目も1試合目同様、相手の強烈な攻撃により自陣深くまで攻め込まれ、相手BKにトライを奪われ 0-5。
 劣勢に思われた関東。しかし数分の攻防の末、WTB金子駿太(2年/関東学院六浦)の力強い突破から最後はSH村田健登(3年/昌平)がトライ。ここから関東の反撃が始まる。
 FW,BKの連携の取れたアタックを経て最後はWTB金子駿太(2年/関東学院六浦)のトライ。点差を7-5に逆転。
 その後またもやSH村田健登(3年/昌平)が相手DFを抜き去る。パスをつないだ後、最後はFB沢田石智志(2年/秋田工業)がゴール中央にトライ。14-5と、さらに点差を広げる。
 波に乗った関東。SH村田健登(3年/昌平)の早いテンポを軸に攻撃を展開。途中トライを許すも42-12で試合に勝利。次の試合を勢いづける展開となった。
 

 3試合目は関東学院大学のキックオフで開始。試合は両社一歩も引かない展開を見せた。序盤、関東は法政の素早いATに苦しむが体を張ったDFによりトライを防ぐ。その後攻撃を続けたい関東であったがミスが多発。ミスボールを相手に奪われ先制トライを許し0-7。その後はお互い拮抗した状態が続く。お互い相手ゴール前まで攻め込むもミスが起こり相手にボールを奪われるゲーム展開となった。
 しかし先に流れを変えたのは関東。CTB松原理人(3年/京都成章)が相手からボールを奪いBKに展開しボールを繋ぐ。最後はWTB安永海斗(4年/新田)が相手をステップで抜き去りトライ。7-7と同点に追いつく。
 ここで勢いに乗った関東。相手キックオフ直後、SH大森健(2年/東京)が相手の隙を見逃さずビッグゲイン。そこからペナルティを得た関東は、キックで敵陣深くまで入り込む。ラインアウトからモールを形成した関東。統率の取れた勢いのあるモールで最後はFL瀧口令(1年/東京)がトライ。キックも決まり14-7と逆転に成功する。
その後、法政の力強い攻撃に足の速いDFで対応した関東が守り切り試合終了。14-7で勝利しこの日の試合を終えた。


                                         担当者:難波隼士(2年)
                                             紫藤翔平(2年)

 

〈お知らせ〉第10回関東大学ラグビーオールスターゲーム2022の開催について

[お知らせ] 投稿日時:2022/06/04(土) 11:50

2022年7月3日(日)に開催されます、「第10回関東大学ラグビーオールスターゲーム2022」についてお知らせ致します。

会場は秩父宮ラグビー場で、リーグ戦選抜vs対抗戦選抜の試合は14:00からとなります。
どのチームからどの選手が選ばれるかはまだ確定しておりませんので、決まり次第、当ブログ・インスタグラムにて投稿致しますのでお待ちください。
 
⇓⇓詳しい情報は関東ラグビーフットボール協会の公式サイトにてご確認ください。⇓⇓
https://www.rugby.or.jp/news/article/1478/

⇓⇓チケット情報はこちら⇓⇓
https://www.rugby.or.jp/ticket/
 
担当:松原理人(3年)
 

〈試合レポート〉春季練習試合vs専修大学Bの試合結果を更新致しました

[レポート] 投稿日時:2022/05/29(日) 14:00

5月29日に行われました、春季練習試合、専修大学Bとの試合結果をお知らせいたします。
 

★試合結果★
前半14ー21
後半33ー35
〈合計47-56〉
試合メンバーはこちら


 

 前半キックオフ、前半15分敵陣15メートル付近でターンオーバーから左サイドを抜け出しオフロードをつなぎ関学9番村田建登(3年/昌平)トライ。

前半29分関東学院、左ゴール前スクラムから8番日山翔太(3年/松山聖陵)が9番村田建登が抜け出しそのままトライ。その後専修大学に点を取られ前半終了。

後半キックオフ、後半14分右ゴール前ラインアウトモールから関東学院大学のFWが押し切りトライ。

その後、後半26分関東学院大学、右ゴール前ラインアウトモールから停滞し23番山崎和(2年/明和県央)が縦をつきそのままトライ。そのまま試合は拮抗し、後半35分関東学院大学、左ゴール前ラインアウトモールから停滞しFWでフェイズを重ね吉田晴喜(3年/日大藤沢)トライ。

33-35により専修大学の勝利。

次戦は、6月5日(日)法政大学との試合となります。
引き続き、皆様の熱い応援よろしくお願い致します!!

 
 

 



 

撮影者:近藤雅久人(2年)
    担当者:近藤雅久人(2年)
桑原健太郎(2年)


 
«前へ次へ»