アーカイブ

ブログ最新記事

ブログ検索

キーワード

2017/06/11 vs立正大学 [レポート]

投稿日時:2017/06/11(日) 15:22rss

◆本日の試合結果◆
A戦 102-0 〇
B戦 42-21 〇

本日は関東学院大学金沢文庫ギオンアスリートパークにて立正大学と練習試合を行いました。
若干の風があり、少し暑さを感じる中で試合が行われました。

~C戦~
 
 前半は、関東学院大学のキックオフでスタートしました。開始早々から継続したアタックを見せ、前半6分、立24正大学ボールの敵陣ゴール前のスクラムからSH清水が相手からボールを奪い取りWTB野阪へとパスを繋ぎ関東学院大学が線先制トライを取ります。その後、前半12分、自陣10M付近のスクラムから外に展開し、FB古賀が華麗なステップでラインブレイクしてトライを取り、12-0と得点を広げていきます。リスタートのキックオフではLO川崎(2年)が素晴らしいキャッチングや相手ボールのスクラムを何度も押し返てチャンスを握り、流れをつかんだ関東学院大学はその後6つのトライを追加して48-0で前半が終了しました。

 
 後半は立正大学のキックオフでスタートしました。開始早々に継続したアタックを見せた関東学院大学は、SH清水からSO鈴木(3年)へとパスをつなぎ、相手を抜き去り後半も先制トライを取ることができました。選手を少しずつ入れ替えていき,アタックのテンポを変えていき、試合を関東学院大学のペースで進めていきます。前半同様スクラムを圧倒し7ながら7つのトライを加え、102-0で試合が終了しました。

~D戦~

 この試合は1年生のみで構成されたチームで挑みました。
 前半は、開始3分で敵陣ゴール前まで継続したアタックを見せると、HO岡がラック周辺を突いて先制トライを取ることができました。前半9分にもFL佐藤がラインブレイクし、WTB江頭にパスが渡りトライを取り、14-0と点差を広げていきます。しかし、関東学院大学は小さなミスや、相手の勢いに押されてしまいその後は得点を広げることができず、前半21分に相手FLにラインブレイクされてしまい、トライを取られてしまいます。関東学院大学は何度も敵陣に入りますが、うまく得点に繋げることができず、前半30分に立正大学が自陣ゴール前までボールを運び、近場を攻め続けられて14-14と同点のトライを許してしまいました。その後は両者拮抗した展開を見せ、14-14のまま前半が終了しました。

 後半も前半同様に1年生のみで構成されたチームで挑みました。関東学院大学は前半の反省点をハーフタイムで修正し、開始3分に敵陣に入ると、SH大澤とSO波多野がループパスを見せ、WTB江頭にパスが渡り後半も先制トライを取ることができました。そして後半6分にSH大澤が上手くゲームをコントロールして再び敵陣に入ると、PR壽文字が相手DFを突破し、SH大澤がギャップができたところへボールを持ち出して28-14と点差を広げます。その後、後半16分にトライを許してしまいますが、関東学院大学は流れを渡しません。関東学院大学はミスを恐れずアタックをし続け、敵陣に入り、2つのトライを取ることができました。そして、SO波多野がこの試合すべてのゴールキックを成功させ、42-21と点差を広げ試合が終了しました。

      
 
◆次回の試合予定◆
6月17日(土) vsゼロックス
場所:関東学院大学金沢文庫ギオンアスリートパーク
時間:13:00K.O

本日はお暑い中応援ありがとうございました。
次回も応援よろしくお願いします。

文:中島翼(2年)、中山信也(3年)

Check Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマークに追加